>

海外ではエチケットの定番

歯の黄ばみの原因は

歯が黄ばんでしまう原因には様々な要因が考えられています。
まずは「ステイン」。
これは、食物や飲料、日々口にする物に含まれる色素が歯に付着し、色素が沈着してしまっている状況です。
コーヒーや紅茶とに含まれるタンニンやカテキン、赤ワインやチョコレートに豊富なポリフェノールそして、カレーやケチャップなどのスパイスや着色料は、特に沈着しやすい成分です。
歯についてしまったらすぐに歯磨きすれば除去することができるのですが、長い時間放置してしまうと落としづらくなります。
そして、喫煙者はさらに強力な原因になるのは、タバコに含まれるタールです。
タール自体が黄ばみの原因になるのはもちろん、粘着質のタールは、歯に付着すると、食べ物や飲み物の色素を吸着しやすくなってしまうのです。

象牙質の色が原因の場合も

歯は、芯の部分が神経を含む歯髄、その周りを包み、歯を形作っている象牙質、そして表面を覆うエナメル質で構成されています。
最表面のエナメル質は半透明の物質ですので、そのすぐ下の象牙質の色が透けて見えます。
象牙質は、その名の通り象牙色(アイボリー)の物質です。
象牙質の色は人によって異なり、白っぽい方もいれば、黄色味の強い色の方もいらっしゃいます。
生まれつき黄色味の強い色をした歯の方もいるということです。
エナメル質は経年劣化ですり減ってしまうものです。
加齢により、象牙質の色が強調される、ということもあるんです。
そして、まれにですが、「エナメル質形成不全」といわれる病気で、歯が黄ばんで見える、という方もいらっしゃるんです。


この記事をシェアする