>

ホワイトニング方法の選び方

使用感で選ぶ

歯磨き粉タイプのものを一つとっても、ペーストタイプ、ジェルタイプ、パウダータイプと様々です。
ジェルタイプは泡が立ちづらいので、汚れの落ち具合などをチェックしながら使用できるというメリットがあります。
歯磨きタイプは、毎日使うものですので、研磨剤が配合されているものですと、表面のエナメル質を傷つけてしまうこともありますので、気になる方は、成分に気を配る必要があります。
研磨剤の種類としては、シリカ、含水ケイ素、炭酸カルシウム、水酸化アルミニウムなどがあります。
また、アメリカでも人気のシートタイプは、歯並びが良くない場合は、シートに含まれた成分が満遍なく行き届かない事もあるので、単価の割には費用対効果が低いかもしれません。
日々使用するものですから、コスパも考えながら検討する必要もありますね。

ホワイトニングに必要な成分をチェック

ホワイトニングに効果を発揮する成分にはいくつかあります。
歯の表面に付着してしまったステインを分解してくれる役割を持つのが「分割ポリリン酸ナトリウム(EXポリリン酸)」や、「メタリン酸」といったものがあります。
また、歯の表面には、目には見えない小さな凸凹があります。
これを埋めて、つるつるにしておくと、ステインが付きにくくなります。
「ヒドロキシアパタイト」には、歯の表面についたキズを埋めてくれる役割があります。
こういった成分が含まれている物を選ぶようにすると、効果が出やすいかもしれません。
海外の製品は、日本と法律が異なるため、日本で歯科医師でないと扱えないホワイトニング力の強い過酸化水素を含有したものもあります。
種類は少ないですが、通販などで購入することもできます。
日本の法律では安全性が保障されていませんから自己責任で使用になります。


この記事をシェアする